これまでに開催した『卒業生による講演会』一覧

「卒業生による講演会」は在校生を対象に同窓生が講師となって講演を行うもので、毎年卒業式が終わった3月の初旬に行われます。
同窓生の聴講も可能です。

第39回 平成28年(2016) 中京テレビ放送株式会 黒田明宏高30サラリーマンのオンとオフ
第38回 平成27年(2015) LIXIL ディアーズ 加藤翔平 高59 「アメリカンフットボールをメジャースポーツに~夢を実現するための考動力~」  
第37回 平成26年(2014) SBIネットシステムズ株式会社取締役社長 内山昌秋 高33 「今、日本を取り巻くビジネスの実情と社会が求める人間像とは」
第36回 平成25年(2013) (株)楽天物流取締役社長 拓海広志 高34 「イメージの力で海を渡る」 
第35回 平成24年(2012) 木﨑晃 高6 「製造会社の国際展開に於ける留意点」 
第34回 平成23年(2011) 元最高裁判所判事 今井功 高10 「裁判のはなし」 (70周年記念講演) 
第33回 平成22年(2010) 神戸新聞社 田中宏樹 高58 「夢を追え ~後輩へのメッセージ~」 
第32回 平成21年(2009) 観世流能楽師  笠田昭雄 高30 「能にふれる」 
第31回 平成20年(2008) 国際交流基金企画課長 小川 忠高29 「国際交流は心のキャッチボール」 
第30回 平成19年(2007) 最高裁判所判事  今井 功 高10 「暮らしと裁判」 
第29回 平成18年(2006) プロゴルファー 古市忠夫 高11 「頑張ることへの感謝」 
第28回 平成17年(2005) ミュージシャン 井上尭之 高11 「人、人と生き、人と成る」 
第27回 平成16年(2004) サンテレビジョン報道部長  門前喜康 高23 「仕事と稼ぎ ~生かされて生きる~」 
第26回 平成15年(2003) 大阪明浄大学教授 中尾 清 高15 「二山の人生を生きる」 
第25回 平成14年(2002) 大阪大学名誉教授 宮本重徳 高2 「君の夢に向かって進め」  
第24回 平成13年(2001) 全日本合唱連盟理事長 吉村信良高3 「私の17歳」  
第23回 平成12年(2000) 富士通㈱営業部長 白井鴻太郎 高18 「IT革命と今後の生活環境」 
第22回 平成11年(1999) 将棋棋士八段 井上慶太   「将棋の世界」 
第21回 平成10年(1998) ㈱アポロメック取締役社長 吉岡昭一郎 高7 「会社経営と我が人生」 
第20回 平成9年(1997) 田崎真珠㈱専務取締役 植田義昭高8 「めざめる大国ブラジル」 
第19回 平成8年(1996) ㈱パソナオールマスターズ 中野光倫  高3 「科学への挑戦」 
第18回 平成7年(1995) 神戸大学経済学部教授 岸本哲也 高12 「Free to Choose」 
第17回 平成6年(1994) ㈱パソナ社長 南部靖之 高22 「夢への挑戦」 
第16回 平成5年(1993) ギタリスト 井上堯之  高11 「人間の不思議」 
第15回 平成4年(1992) 大和銀行副頭取  遠藤義一 高2 「もう一歩」 
第14回 平成3年(1991) 神戸大学医学部講師  志村利之 高13 「神への挑戦の医学」 
第13回 平成2年(1990) 山田誠高17 「スポーツ異文化体験記」 
第12回 平成元年(1989) 酒井道雄高2 「君たちは今」 
第11回 昭和63年(1988) 柴田昌治高14 「魅力ある人生とは 」 
第10回昭和62年(1987) 高浜直子高8 「児童文学にひかれて」 
第9回昭和61年(1986) 戸田喜允高4 「若い人たちに ~一先輩として~」 
第8回 昭和60年(1985) 吉岡昭一郎高7「ハイテク時代の生き方」 
第7回 昭和59年(1984) 三浦真厳四中4「須磨寺と文学碑」 
第6回 昭和58年(1983) 画家 石阪春生 四中2「私の絵とそのくらし」 
第5回 昭和57年(1982) 内橋克人高3「もう一つの見方・考え方」 
第4回 昭和56年(1981) 沖岩四郎高2「私の生命観」 
第3回 昭和55年(1980) 筆谷稔四中3 「私の歩んだ道」 
第2回 昭和54年(1979) 小野敏郎 高7 「私の体験より」 
第1回 昭和53年(1978) 中内功 四中3 「私の体験談」